アクロコルドンはイボコロリで治療できる?

アクロコルドンは体に出来る小さないぼのことで、非感染性の良性のいぼなので積極的な治療は必要とされていません。しかしアクロコルドンは増えてしまいやすいいぼですので自宅で治療できるのかどうか気になりますよね。

ここではアクロコルドンがイボコロリで自宅治療出来るのか説明してきます。

イボコロリってどんな製品?

イボコロリという商品はイボ治療を考えたことがある方であれば、一度は耳にしたことのあるのではないでしょうか。イボコロリは横山製薬から販売されている角質剥離剤のことです。

サリチル酸と言う肌の角質を柔らかくする成分によって、いぼを取り除くことが出来る商品になっています。いぼの他にも魚の目やタコに効果があることが分かっています。

いぼに直接塗布することで内部に成分が浸透します。この時肌の表面は白濁してきますが、これは製品の特長ですので心配ありません。次に塗布する際にはこの表面を剥がしてから行うことでより薬剤が浸透しやすくなり、いぼを取り除きやすくなります。

従来ではこの塗布用イボコロリのみの販売でしたが、現在では飲むイボコロリも発売されています。塗布用イボコロリとは異なり、ヨクイニンと言ういぼに効果的な成分が配合されています。

塗布用イボコロリと内服薬のイボコロリは同じイボコロリではありますが、いぼを治療するための成分が異なり使用方法も異なりますので注意してください。

アクロコルドンの治療に塗布用イボコロリは危険

塗布用イボコロリは商品名の通りいぼを治療することの出来る商品ではありますが、実は塗布用イボコロリはアクロコルドンの治療を行うことが出来ません。それは塗布用イボコロリがサリチル酸によって角質を柔らかくすることによるいぼ治療であるためです。

塗布用イボコロリは角質を柔らかくしていぼを取り除く特性上、顔や粘膜には利用できないだけではなく首などの皮膚が柔らかい箇所には利用することが出来ません。これはサリチル酸という成分が強い作用をもたらすためです。

アクロコルドンは比較的皮膚の柔らかい場所に出来やすいものですから、皮膚の柔らかい場所に利用することが出来ない塗布用イボコロリでの治療は行うことが出来ません。

皮膚が厚い部分へ向けて開発された製品ですので、皮膚の弱い箇所に利用すると痛みが生じるなど問題が起こる可能性がありますので、使用を行わないようにしてください。

アクロコルドンはイボコロリによって治療することが出来るという情報によって、誤って塗布用のイボコロリによって治療してしまう方がいますので注意してください。

誤って使用してしまった場合には使用を中止し、体に異変を感じた場合には医療機関へ相談するこようにしましょう。

内服薬イボコロリでアクロコルドンを治療しよう

塗布用のイボコロリでアクロコルドンを治療することは出来ませんが、内服薬のイボコロリではアクロコルドンを治療することが出来ます。

イボコロリには内服薬タイプのものがあります。この内服薬イボコロリにはハトムギやヨクイニンと言った成分が含まれており、首や顔などのいぼにも利用することが出来るようになっているのです。。

塗布用イボコロリに含まれているサリチル酸は含まれていませんので、イボコロリという製品名は同じでも中身は全く異なるものと考えて良いでしょう。

この内服薬イボコロリに含まれているハトムギ、特にヨクイニンはいぼ治療や肌荒れ治療に使われる漢方としても有名で、実際に皮膚科で処方されることもある成分です。この成分により肌のターンオーバーを整え、いぼを治療するという仕組みです。

内服薬イボコロリで重篤な副作用は確認されていませんが、体調に異変を感じた場合には速やかに医療機関に相談することが大切です。

アクロコルドンに安心して使える市販薬もあるので、自分で治したい人はそのような商品の利用がおすすめです。

詳しく→艶つや習慣口コミVOX

病院でのアクロコルドンの治療方法とは

アクロコルドンは体に出来る小さないぼのことです。このいぼは非感染性で痛みもなく、良性のいぼのため積極的な治療は行わなくても良いと言われていますが、見た目が気になると言う方も多いです。

ここでは病院で出来るアクロコルドンの治療について詳しく説明していきます。

アクロコルドンは病院でも治療出来る

アクロコルドンが出来てしまった場合に病院にて診察を行うことは大切です。アクロコルドンは褐色で直径が1ミリから2ミリ程度で隆起を伴わないなど見た目にも分かりやすいものになっています。

また首などに出来るいぼは良性であることが多いのですが、 それが本当にアクロコルドンであるのかを診断してもらうことは大切なことなのです。いぼの中には感染性のものもありますし、稀に悪性のものもありますので、診断してもらいましょう。

自己判断だけでアクロコルドンと決めつけてしまうのは良くありません。

アクロコルドンと診断された場合、積極的な治療を行わないことも多いです。それは、アクロコルドンが感染する心配も痛みもなく、加齢によって生じるいぼであるためです。

そのためアクロコルドンは病院では治療できないと誤解している方もいますが、希望すればアクロコルドンは病院でも治療を行うことが出来ます。

病院でのアクロコルドンの治療内容

病院でのアクロコルドンの治療は代表的なもので3つに分類されます。

液体窒素療法

これは液体窒素によっていぼを冷却するという方法です。様々ないぼ治療に用いられる治療法で、病院でアクロコルドンの治療を行う人の大多数はこの液体窒素療法を選択しています。

いぼを凍結させ、数日後にいぼがかさぶたのような状態になり剥がれ落ちます。アクロコルドンは小さいためそれほど痛みを感じないと言われていますが、痛みを感じる方もいます。

保険が適用される治療ですが、治療箇所がシミになりやすい傾向にあります。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーを用いていぼを取り除く治療方法です。いぼを焼いてしまうと考えると良いでしょう。治療箇所にかさぶたのような状態になり剥がれ落ちます。アクロコルドンの場合は小さいためそれほど痛みを感じることはありませんが、痛みを感じる方もいます。

保険が適用されない治療ですが、治療箇所がシミになりにくいと言われています。

内服薬

ヨクイニンなどいぼに効果があると言われている成分が配合された内服薬を用いて肌のターンオーバーを整えるなどしていぼを治療していきます。効果が出るまで数か月かかると言われていますが、痛みはありません。

保険が適用される場合と適用されない場合が混同していますので注意が必要です。

病院でのアクロコルドンの治療は保険適応外のもあるので注意

病院でのアクロコルドンの治療はその治療方法によって保険適応外のものもあります ので注意が必要です。

治療方法によってその後の経過などが異なりますので、自分自身の希望と医師の見解によって治療方法を決めていきましょう。基本的には皮膚科にて治療を行うことになりますが、炭酸ガスレーザーなど保険適応外の治療を行いたい場合には美容外科での治療になる場合もあります。

反対に美容外科では液体窒素療法は行っていない場合もありますので注意してください。

どの治療方法にもメリットとデメリットがありますので、自分に合った治療法はどれか知ることは大切です。

アクロコルドンはいぼの数が多い場合が多いですから、治療にどのくらいの費用が掛かるのかは個人差が大きくなっています。治療開始前にどの程度治療費が掛かるのか相談しておくと安心です。

アクロコルドンは感染性ではありませんが増えやすいいぼですので、注意して治療を行うようにしてください。

アクロコルドンは薬でも治療出来る!

いぼの治療と言うと病院での液体窒素療法やレーザー治療を思い浮かべる方が多いですが、アクロコルドンは薬での治療を行うことも出来ます。液体窒素療法やレーザー療法のように痛みを伴う治療が苦手な場合でも薬によって治療出来るのであれば治療を行いたいという方は多いでしょう。

ここでは、アクロコルドンの薬を用いた治療について説明していきます。

アクロコルドンは薬でも治療できる

アクロコルドンは液体窒素療法やレーザー治療のように、直接的にいぼを取り除く治療以外でも薬によって治療を行うことが出来ます。薬による治療では、直接的にいぼを取り除く場合に比べ時間が掛かりますが、痛みを伴わないと言う大きなメリットがあります。

アクロコルドンの治療に用いられる薬には病院で処方してもらう飲み薬と、市販薬の飲み薬、市販の塗り薬に分けられます。

アクロコルドンの治療で用いられるヨクイニンという成分の飲み薬は漢方薬としての扱いになることもあり、病院によって処方される場合とそうでない場合があるので注意してください。

アクロコルドンに効果の期待できる薬

アクロコルドンに効果の出来る薬は病院で処方される飲み薬の他、市販薬の飲み薬や塗り薬があります。これらは基本的にどれもヨクイニンという成分によっていぼを治療していくことになります。

ヨクイニンは肌荒れやいぼの治療に効果があることが分かっており、肌のターンオーバーを正常な状態にしていくことによってアクロコルドンを治療していきます。

そのため液体窒素療法やレーザー療法のように即効性があるものではなく、数か月単位での治療となります。肌のターンオーバーの仕組みを考えると最低でも1か月は続けてみなければ効果は実感しにくいです。

市販薬によってアクロコルドンを治療したい場合には、いぼに効果があると書かれているものを選ぶようにしてください。

ヨクイニンは肌荒れにも効果があるため肌荒れに効果のあるものはいぼにも効果があると誤解してしまう方もいますが、あくまでアクロコルドンはいぼですので、いぼ治療に効果があるものを選ぶ必要があります。

塗り薬を選ぶ際には使用できる範囲をしっかり確認してください。アクロコルドンは首や脇など皮膚の柔らかい場所に出来るためより注意が必要です。

顔に利用できるタイプのものは皮膚が柔らかい場所でも利用できるようになっていますが、万が一肌に異常を感じた場合には医師に相談する必要があります。

アクロコルドンに使ってはならない薬

市販薬の中にはアクロコルドンに使用してはいけない薬があります。アクロコルドン自体が薬によって悪化するというタイプの薬はありませんが、いぼ治療に用いられる薬の中には刺激の強いものがあり、皮膚が炎症を起こす可能性があるためです。

アクロコルドンはその特徴の一つに首や脇、お腹や足の付け根など比較的皮膚の柔らかい箇所に出来るというものがあります。

市販のいぼ治療薬の中には、皮膚の柔らかい場所への使用が行えないものもありますので注意しましょう。

特にいぼ治療の市販薬の中には、サリチル酸と言う皮膚を柔らかくし、いぼを剥がしとるタイプの薬がありますが、これは皮膚の柔らかい場所へは使用できなくなっています。有名なものでは塗布用のイボコロリはサリチル酸によっていぼを剥がしとるという薬です。

いぼ治療の市販薬ではサリチル酸が含まれているものは珍しくありませんので、必ず皮膚の柔らかい場所への利用が可能であるか確認するようにしてください。

このように市販薬の中にはアクロコルドンに使用できる薬とそうでない薬がありますのでしっかり説明書きを読み注意する必要があります。心配な場合は薬剤師に相談してから購入することをおすすめします。

アクロコルドンを予防するための生活習慣

アクロコルドンは非感染性のいぼです。感染性のいぼであれば、感染しないように注意し予防することが出来ますが、非感染性のいぼの場合は予防を行うことは出来るのでしょうか。

アクロコルドンの仕組みから考えられる予防方法について詳しく説明していきます。

アクロコルドンが出来てしまう仕組み

アクロコルドンは非感染性のいぼです。誰かに移してしまうしまう心配はいりませんが、誰かから移されたわけでもないのにどうしていぼができてしまうのでしょうか。実はアクロコルドンは老人性いぼの一種なのです。

老人性いぼとは、加齢によって生じる皮膚の老化が引き起こすいぼのことです。つまり、老化によって出来てしますシミやシワと似たようなものです。アクロコルドンはいぼの中でも隆起が少なく褐色をしているので、シミと間違えてしまう人もいるくらいです。

実際に アクロコルドンはシミが作られるのと同じようにメラニンという組織が角質と合わさることで形成されることが分かっています。皮膚組織のダメージによってアクロコルドンは形成されてしまうのですね。

老人性いぼというと60代や70代の方がなるイメージですが、シミ同様30代40代からアクロコルドンに悩まされている方が多いです。中には20代からアクロコルドンが出来てしまうという方もいます。

アクロコルドンを予防するために必要な生活習慣

アクロコルドンが皮膚の老化によって生み出されてしまうことはアクロコルドンが出来てしまう仕組みの中で説明しましたが、ではアクロコルドンは予防することが出来るのでしょうか。

結論から言えば、完全に予防することは出来ないが、予防ケアを行うことでアクロコルドンが出来にくい環境を作ることは出来るというものです。

アクロコルドンは個人の体質によって出来やすい方と出来にくい方がいますので、予防すれば絶対に出来ないというものではありません。しかし予防することで少しでも出来にくい体にしていくことは可能です。

アクロコルドンは皮膚の老化によるものですので、皮膚の老化を防いであげることが大切です。生活習慣としては、紫外線対策を行うこと、そして皮膚の摩擦を減らすこと、保湿ケアを行うことが大切になります。

肌の老化で一番大きな課題が紫外線対策です。紫外線が肌を老化させてしまうことは多くの研究で分かっていることであり、紫外線対策をした場合とそうでない場合とでは肌へのダメージ量が大きく変わるのです。

また摩擦は皮膚にダメージを与えてしまいます。これも体が皮膚を守ろうとしてメラニンを生み出してしまう原因の一つですからケアすることで肌を保護しましょう。

また肌の状態を良くするためには保湿が欠かせません。保湿した肌は外からの刺激に強くなることも分かっています。

このように肌をケアし刺激から守ることがアクロコルドンの予防には大切なことです。

アクロコルドンを予防するために必要な食生活

アクロコルドンを予防するためには生活習慣の中で肌を保護するだけではなく、ダメージを受けた肌が修復することが出来るように食生活にも注意すると良いでしょう。

紫外線による肌のダメージには、抗酸化作用のある食べ物により活性酸素を除去することが大切になります。

抗酸化作用のある食べ物は多くありますが、その中でもトマトジュースはリコピンによって肌内部から紫外線によるダメージをケア出来ると言われています。

バランスの良い食生活を行うことにより、健康状態を健やかに保つことは大切です。皮膚作る栄養素だけを意識するよりも、健康を意識した食生活を送るように心がけてください。

特に肥満体系の場合はアクロコルドンになりやすいと言われています。

これは肥満によって皮膚が老化すると言うよりも、肥満の場合では首や脇、お腹や足の関節など皮膚の柔らかくアクロコルドンが出来やすい箇所が摩擦によって刺激を受けやすくなることが原因ではないかと考えられているのです。

アクロコルドンを予防したいと考えるのであば体型の管理も考え、食生活を見直してみましょう。

体に出来る小さないぼの正体であるアクロコルドンの原因とは?

アクロコルドンとは体に出来る小さないぼのことです。いつの間にか出来て数も増えてくることが多いものですので、その正体と原因について悩んでいる方も少なくありません。

ここではアクロコルドンの正体とその原因について説明していきます。

アクロコルドンは軟性線維腫とも呼ばれるいぼ

アクロコルドンと軟性繊維種と呼ばれることもあるいぼのことです。特に首に出来てしまう方が多いですが、胸に出来るアクロコルドンもあればお腹に出来てしまうアクロコルドンもあります。

また、脇の下や足の付け根に見られることもあり、体の中であれば皮膚の柔らかい場所に出来やすくなっています。

小さく褐色のいぼであることが特徴でその大きさはおよそ1ミリから2ミリです。また隆起がほとんど見られず、平べったい形をしているのもアクロコルドンの大きな特徴の一つです。

隆起もほとんどなく褐色であるため、いぼが増えてくることでその存在に気が付く方が多いですが、アクロコルドンはウイルス性のいぼではありません。

そのため治療をしないと絶対増えてしまうと言うようなものではありませんし、人に移してしまう心配はありません。

アクロコルドンがあっても日常生活において制限される行動はありませんので安心してください。

アクロコルドンは加齢によるいぼ

アクロコルドンの原因は皮膚の老化です。

アクロコルドンは老人性いぼの一種で、皮膚の老化に伴い出来てしまういぼのことです。老人性いぼと聞くと高齢の方だけに出来るいぼのように聞こえますが、実際には40代の発症率が高いと言われています。

発症率は中年の方に多いものの、早い人では20代からアクロコルドンが出来てしまう方もいます。

それは皮膚の老化が摩擦や紫外線によるダメージによって進んでいくためです。体質にもよりますが摩擦や紫外線によるダメージが大きいと、より皮膚の老化が進んでしまい、アクロコルドンが出来やすくなってしまうのです。

皮膚の老化現象こそがアクロコルドンの原因です。ウイルス性のいぼのように人から感染して出来てしまうものではありませんので、老化現象の1つと捉え積極的な治療を行わない人も多いです。

皮膚が老化する原因とは

アクロコルドンは老人性いぼの一種で、皮膚の老化によって出来てしまいます。では、この皮膚の老化とはどうして起こってしまうのでしょうか?

生まれたての赤ちゃんと今現在の自分の肌の状態がまるっきり同じと言う方はいませんよね。これは皮膚が老化しているためで、この老化は年齢が進むにつれて必ず引き起こるものです。

皮膚は紫外線や摩擦などの刺激によって、細胞自体が老化していくと考えられています。

老化のメカニズムの考え方はいくつかありますが、外からのダメージによって徐々に傷がついていくイメージをすると分かりやすいでしょう。

肌を老化から少しでも守るために出来ることは紫外線対策や保湿ケア、また規則正しい生活や食事によって肌のターンオーバーを保つことが大切になります。

皮膚の老化を完全に止めることは出来ませんが、ケアすることで刺激から皮膚を守ることは皮膚の老化の進み方にも影響を与えるでしょう。

アクロコルドンは良性?悪性?

アクロコルドンは良性のいぼです。首や脇、胸やお腹または足の付け根などの皮膚の柔らかい場所に出来る小さな褐色の隆起のないいぼです。加齢に伴い増えていくという特徴もあります。

稀に傷がつくことが違和感などで汗が染みるなど痛みを感じる方もいますが、基本的に痛みを感じることはないいぼです。

見た目にも非常に分かりやすいいぼですし、アクロコルドン自体は良性のいぼで安心して良いものですが、 それが本当にアクロコルドンであるかどうか心配な場合には医師の診察を受けるようにしてください。