アクロコルドンを予防するための生活習慣

アクロコルドンは非感染性のいぼです。感染性のいぼであれば、感染しないように注意し予防することが出来ますが、非感染性のいぼの場合は予防を行うことは出来るのでしょうか。

アクロコルドンの仕組みから考えられる予防方法について詳しく説明していきます。

アクロコルドンが出来てしまう仕組み

アクロコルドンは非感染性のいぼです。誰かに移してしまうしまう心配はいりませんが、誰かから移されたわけでもないのにどうしていぼができてしまうのでしょうか。実はアクロコルドンは老人性いぼの一種なのです。

老人性いぼとは、加齢によって生じる皮膚の老化が引き起こすいぼのことです。つまり、老化によって出来てしますシミやシワと似たようなものです。アクロコルドンはいぼの中でも隆起が少なく褐色をしているので、シミと間違えてしまう人もいるくらいです。

実際に アクロコルドンはシミが作られるのと同じようにメラニンという組織が角質と合わさることで形成されることが分かっています。皮膚組織のダメージによってアクロコルドンは形成されてしまうのですね。

老人性いぼというと60代や70代の方がなるイメージですが、シミ同様30代40代からアクロコルドンに悩まされている方が多いです。中には20代からアクロコルドンが出来てしまうという方もいます。

アクロコルドンを予防するために必要な生活習慣

アクロコルドンが皮膚の老化によって生み出されてしまうことはアクロコルドンが出来てしまう仕組みの中で説明しましたが、ではアクロコルドンは予防することが出来るのでしょうか。

結論から言えば、完全に予防することは出来ないが、予防ケアを行うことでアクロコルドンが出来にくい環境を作ることは出来るというものです。

アクロコルドンは個人の体質によって出来やすい方と出来にくい方がいますので、予防すれば絶対に出来ないというものではありません。しかし予防することで少しでも出来にくい体にしていくことは可能です。

アクロコルドンは皮膚の老化によるものですので、皮膚の老化を防いであげることが大切です。生活習慣としては、紫外線対策を行うこと、そして皮膚の摩擦を減らすこと、保湿ケアを行うことが大切になります。

肌の老化で一番大きな課題が紫外線対策です。紫外線が肌を老化させてしまうことは多くの研究で分かっていることであり、紫外線対策をした場合とそうでない場合とでは肌へのダメージ量が大きく変わるのです。

また摩擦は皮膚にダメージを与えてしまいます。これも体が皮膚を守ろうとしてメラニンを生み出してしまう原因の一つですからケアすることで肌を保護しましょう。

また肌の状態を良くするためには保湿が欠かせません。保湿した肌は外からの刺激に強くなることも分かっています。

このように肌をケアし刺激から守ることがアクロコルドンの予防には大切なことです。

アクロコルドンを予防するために必要な食生活

アクロコルドンを予防するためには生活習慣の中で肌を保護するだけではなく、ダメージを受けた肌が修復することが出来るように食生活にも注意すると良いでしょう。

紫外線による肌のダメージには、抗酸化作用のある食べ物により活性酸素を除去することが大切になります。

抗酸化作用のある食べ物は多くありますが、その中でもトマトジュースはリコピンによって肌内部から紫外線によるダメージをケア出来ると言われています。

バランスの良い食生活を行うことにより、健康状態を健やかに保つことは大切です。皮膚作る栄養素だけを意識するよりも、健康を意識した食生活を送るように心がけてください。

特に肥満体系の場合はアクロコルドンになりやすいと言われています。

これは肥満によって皮膚が老化すると言うよりも、肥満の場合では首や脇、お腹や足の関節など皮膚の柔らかくアクロコルドンが出来やすい箇所が摩擦によって刺激を受けやすくなることが原因ではないかと考えられているのです。

アクロコルドンを予防したいと考えるのであば体型の管理も考え、食生活を見直してみましょう。