アクロコルドンはイボコロリで治療できる?

アクロコルドンは体に出来る小さないぼのことで、非感染性の良性のいぼなので積極的な治療は必要とされていません。しかしアクロコルドンは増えてしまいやすいいぼですので自宅で治療できるのかどうか気になりますよね。

ここではアクロコルドンがイボコロリで自宅治療出来るのか説明してきます。

イボコロリってどんな製品?

イボコロリという商品はイボ治療を考えたことがある方であれば、一度は耳にしたことのあるのではないでしょうか。イボコロリは横山製薬から販売されている角質剥離剤のことです。

サリチル酸と言う肌の角質を柔らかくする成分によって、いぼを取り除くことが出来る商品になっています。いぼの他にも魚の目やタコに効果があることが分かっています。

いぼに直接塗布することで内部に成分が浸透します。この時肌の表面は白濁してきますが、これは製品の特長ですので心配ありません。次に塗布する際にはこの表面を剥がしてから行うことでより薬剤が浸透しやすくなり、いぼを取り除きやすくなります。

従来ではこの塗布用イボコロリのみの販売でしたが、現在では飲むイボコロリも発売されています。塗布用イボコロリとは異なり、ヨクイニンと言ういぼに効果的な成分が配合されています。

塗布用イボコロリと内服薬のイボコロリは同じイボコロリではありますが、いぼを治療するための成分が異なり使用方法も異なりますので注意してください。

アクロコルドンの治療に塗布用イボコロリは危険

塗布用イボコロリは商品名の通りいぼを治療することの出来る商品ではありますが、実は塗布用イボコロリはアクロコルドンの治療を行うことが出来ません。それは塗布用イボコロリがサリチル酸によって角質を柔らかくすることによるいぼ治療であるためです。

塗布用イボコロリは角質を柔らかくしていぼを取り除く特性上、顔や粘膜には利用できないだけではなく首などの皮膚が柔らかい箇所には利用することが出来ません。これはサリチル酸という成分が強い作用をもたらすためです。

アクロコルドンは比較的皮膚の柔らかい場所に出来やすいものですから、皮膚の柔らかい場所に利用することが出来ない塗布用イボコロリでの治療は行うことが出来ません。

皮膚が厚い部分へ向けて開発された製品ですので、皮膚の弱い箇所に利用すると痛みが生じるなど問題が起こる可能性がありますので、使用を行わないようにしてください。

アクロコルドンはイボコロリによって治療することが出来るという情報によって、誤って塗布用のイボコロリによって治療してしまう方がいますので注意してください。

誤って使用してしまった場合には使用を中止し、体に異変を感じた場合には医療機関へ相談するこようにしましょう。

内服薬イボコロリでアクロコルドンを治療しよう

塗布用のイボコロリでアクロコルドンを治療することは出来ませんが、内服薬のイボコロリではアクロコルドンを治療することが出来ます。

イボコロリには内服薬タイプのものがあります。この内服薬イボコロリにはハトムギやヨクイニンと言った成分が含まれており、首や顔などのいぼにも利用することが出来るようになっているのです。。

塗布用イボコロリに含まれているサリチル酸は含まれていませんので、イボコロリという製品名は同じでも中身は全く異なるものと考えて良いでしょう。

この内服薬イボコロリに含まれているハトムギ、特にヨクイニンはいぼ治療や肌荒れ治療に使われる漢方としても有名で、実際に皮膚科で処方されることもある成分です。この成分により肌のターンオーバーを整え、いぼを治療するという仕組みです。

内服薬イボコロリで重篤な副作用は確認されていませんが、体調に異変を感じた場合には速やかに医療機関に相談することが大切です。

アクロコルドンに安心して使える市販薬もあるので、自分で治したい人はそのような商品の利用がおすすめです。

詳しく→艶つや習慣口コミVOX